沿革

大正14. 4  橘樹郡田島町商工実務学校創設
昭和10.10  川崎市立実務女学校と改称
 〃 17. 3  川崎市立女子商業学校と改称
 〃 24. 3  川崎市立商業高等学校に合併
大正 9. 4   大師農業補習学校女子部特設
 〃 10. 9  川崎市立大師家政女学校と改称
 〃 15. 4   川崎市立大師高等家政女学校と改称
昭和19. 4   川崎市立第二女子商業学校と改称
 〃 23. 3   川崎市立商業高等学校に合併
 〃 16. 4   川崎市立商業学校創設(男子)
 〃 23. 3   川崎市立商業高等学校に合併
 〃 18.12  川崎市立第三女子商業学校創立
 〃 23. 3   川崎市立商業高等学校に合併
 〃 24. 5   川崎市立商業高等学校は川崎市立川崎高等学校に合併され商業科となる
 〃 28. 4   川崎市立商業高等学校設置
 〃     川崎市立川崎高等学校の商業科分離独立仮校舎(京町1の1)に開校
 〃     課程全日制、男女共学、11クラス編成、商業定時制(夜間部)併設
 〃 31. 4   1学級増 5クラス編成
 〃 〃. 9   新築校舎へ移転(戸手本町1の150)
 〃 〃.10  新校舎落成式挙行
 〃 32.10  校歌制定
 〃 33. 4   1学級増 6クラス編成
 〃 〃.10  普通教室3、特別教室1(商業実践室)増築完成
 〃 34. 7   体育館竣工落成式挙行
 〃 〃. 9   普通教室3、特別教室1(統計調査室)増築完成
 〃 35. 4   18学級となる
 〃 36. 6   体育館増築工事竣工
 〃 〃. 〃  四階建特別教室増築工事に着手
 〃 38. 4   2学級増、8クラス編成
 〃 〃. 5   10周年記念式典挙行
 〃 〃.11  増築工事竣工
 〃     内訳=生物室、商品・化学実験室、物理室、英文タイプ室、和文タイプ室、書道室、簿記室
 〃 40. 4   24学級となる
 〃 〃. 6   商業実践室、商業美術室、音楽室、事務機械室、食堂増築完成
 〃 43.11  食堂増築、格技室新築竣工
 〃 〃. 9   体育館床張替
 〃 46. 3   散水器工事8基完成水洗トイレに改修
 〃 48. 4   新教育課程実施
 〃 〃.11  創立20周年記念式典挙行
 〃 49. 4   1、2年生必修クラブ実施、教育課程一部改訂
 〃 57. 3   電子計算機(NECシステム150モデル55設置)
 〃 58.11  創立30周年記念式典挙行
 〃 〃. 〃  校舎全面改築決定
 〃 60. 4   弓道場落成式
 〃 62. 1   情報処理科新設(ACOS610モデル10)
 〃     ならびに新校舎落成記念式典挙行
平成 5. 4  オーストラリア・レイク・イラワラ・ハイスクールと姉妹校提携
 〃 〃.10  創立40周年記念誌発行
 〃 6. 4   国際ビジネス科設置
 〃 〃. 〃  新教育課程実施、新制服制定
 〃 〃.11   商業実務室をマルチメディアルーム・コミュニケーションルームに改修
 〃 7. 4   インターネット100校プロジェクトの指定を受ける、総合情報教育システムの導入
 〃 〃. 8   オーストラリア姉妹校へのホームスティ交流開始
 〃  9. 4  1学級減、7クラス編成
 〃 11. 4  21学級となる
 〃 13. 4    端末42台×10教室 更新
 〃 14. 4   新システム導入に伴いインターネット光ファイバー化
 〃 15. 4   新教育課程実施
 〃  〃.10   創立50周年記念式典
 〃 16. 4   イギリス修学旅行実施(国際ビジネス科)
 〃 18.10   18学級となる 6クラス編成
 〃  22.4  商業科、情報処理科、国際ビジネス科を統合し、ビジネス教養科となる。新制服制定
 〃 〃.〃

 ビジネス教養科として沖縄県への修学旅行実施

 〃 25.7  第18回オーストラリアホームステイ実施
 〃 〃.8  システム更新(462台)
 〃 〃.10  創立60周年記念誌発行
 〃 29.4

 ビジネス教養科4学級・普通科2学級とする

 川崎市立幸高等学校と改称