幸高の特色

1.伝統


■創立は昭和28年で、地域に根づいた伝統のある高校です。旧校名が川崎市立商業高等学校であることから「川商」と呼ばれ、多くの卒業生を輩出し地元の企業との強いつながりがあります。

■2017(平成29)年4月より、川崎市立幸高等学校に校名変更しました。
 

2.ビジネス教育


■「ビジネス教養科」では、ビジネス教育の基礎基本から発展的な知識・技能までを実践的に学ぶことができます。

■2年生、3年生では、生徒個々の進路や興味・関心などにあわせ、多くの選択科目から自分が学習する科目を選び、深く学ぶことができます。
■各種資格取得に励んでいます。資格取得は、就職や大学進学にも生かされています。
 

3.探究型学習

■「普通科」では、アクティブラーニングを取り入れ、知識だけではなく思考力・判断力・表現力を身につけることができます。それにより、自ら課題を見つけ、解決する力を育てることができます。

■総合的な学習の時間(幸探究)では、探究型学習を積極的に導入し、高大連携やキャリア教育との関連を図りながら、生徒自らが未来を拓くための人間力を育てます。
 
4.落ち着いた学校生活

■生活指導が細やかで、生徒たちは落ち着いた学校生活を送っています。
 
5.ていねいな進路指導、学習指導

■進路指導を計画的に進め、生徒の進路実現を目指し、「進路の手引き」の活用や面談・相談、指導等を丁寧に行っています。近年は、卒業生のうち、進学者と就職者がほぼ半数ずつとなっています。

■入学時に本校独自の「授業ガイド」を配布し、計画的な学習を丁寧に進めています。また、早朝や放課後や休日も、教室や実習室などで先生方の指導を受けながら、自主的な学習に取り組む生徒の姿も見られます。
 
6.学校行事や部活動も盛んです

■学校行事や部活動に熱心に取り組んでいます。主な学校行事は、体育祭、文化祭(商幸祭)、合唱コンクールなどです。修学旅行は沖縄で平和学習や自然体験等に取り組みます。

■17の運動部、13の文化部があります。高校生活での大きな活躍の舞台となっています。
 
7.英語教育、国際理解教育の充実

■英語教育や国際理解教育にも力を入れ、2名の外国人講師を迎え、分割授業による少人数教育で語学力を伸ばしていきます。

■7月には、2年生の希望者がオーストラリアで10日程度のホームステイを行い、英語力をアップさせ、国際的な視野の広がりを伸ばしています。
 
8.施設の充実

■校舎は、築三十数年を迎えますが、図書室をはじめ各施設の改修・改良工事を進めています。定時制の移設に伴い、空き教室が学習センターやゼミ室に生まれかわり、学習活動を支援しています。また、冷暖房設備に関してもすべての教室や実習室等に完備しています。

■40台以上のパソコンが設置された教室が7教室あり、コンピュータを使っての授業が充実しています。

■視聴覚ホールなどもあります。