川商のABC

A
Air conditioning
(エアー・コンディショニング)
冷暖房 本校の校舎は二十数年前に建てられましたが、段階的に冷暖房設備を整え、現在では、ほとんどの教室が冷暖房完備となっています。
Audio-visual hall
(オーディオ・ビジュアル・
ホール)
視聴覚ホール 本校には、275名が収容できる階段状の広い視聴覚ホールがあります。学年集会、講演会、保護者説明会などで活用しています。
Australia
(オーストラリア)
オーストラリア 毎年、夏休み中に、希望者によるホームステイをオーストラリアで実施しています。参加者は、2年生が中心で、実施期間は10日間程度です。現地の高校で英会話を学ぶとともに、世界から日本を見る姿勢を育みます。
B
Building
(ビルディング)
校舎 現在の校舎は昭和61年に完成した校舎です。生徒・職員が大切に使用し、比較的きれいな校舎となっています。5階建てで、普通教室のほか、商業・ビジネス関連のOA機器室・実践室や図書室、視聴覚ホール、作法室、美術室、音楽室、書道室、進路学習室などがあります。
Business education
(ビジネス・エデュケーション)
ビジネス教育 本校の特色の一つは、商業・ビジネス教育を専門的に学べることです。平成25年度からの教育課程では、「ビジネス基礎」「情報処理」「簿記」「経済活動と法」などの必修科目のほか、商業・ビジネスに係わる選択科目を14科目設けています。実践的な学びを中心に、ビジネスに関する知識、技能、国際的視野を身につけることを目指しています。
Career guidance
(キャリア・ガイダンス)
進路指導 川商では、近年、就職希望者、進学希望者が約半数ずつとなっています。本校独自の「進路の手引き」を学年ごとに制作・活用し、1年生から3年生まで、計画的に丁寧に進路指導を進めています。
Chorus contest
(コーラス・コンテスト)  
合唱コンクール 毎年、秋に全校で合唱コンクールを開催しています。1年生から3年までの全ての学級が各クラスで選び、練習した曲を発表します。会場は幸市民館ホールを利用しています。多数の保護者の皆様にもご覧になっていただいています。
Computer room
(コンピュータ・ルーム)
OA機器室等 本校には、生徒1人が1台のコンピュータを用いて学習したり、実習を行う教室・実習室が7教室あります。それぞれ、OA機器室(2教室)、端末室(2教室)、プログラミング室(2教室)、商業実践室(1教室)と呼ばれています。ビジネスの実践や情報処理などの理論と技術を磨きます。
Credits
(クレディッツ)
単位 高校では、毎日、授業を受け、課題や定期考査に取り組むなどして、年度末に科目ごとに単位を修得します。1週間に2時間の授業は、1年間で2単位となります。単位の合計数により、進級や卒業が認定されます。
Cultural club
(カルチュラル・クラブ)
文化系部活動 本校には以下の14の文化系の部活動があり、個性と自主性を伸ばしています。吹奏楽、演劇、茶道、書道、珠算、簿記、写真、美術、コンピュータ、軽音楽、漫画研究、ソーイング、調理研究、英語研究
D
Discipline
(ディシィプリン)
学校の秩序 礼儀と秩序を大切にし、服装や挨拶など日常の生活指導を丁寧に行っています。生徒たちは、落ち着いた環境の中で学校生活を送っています。
Elective subjects
(エレクティブ・サブジェクツ)
選択科目 川商の教育課程では、2年生から選択科目が大幅に導入されています。生徒の興味関心、資格取得の計画、進路希望などにあわせ、2年生、3年生で、それぞれ、3科目ずつの科目を選択することができます。
English speech contest
(イングリッシュ・スピーチ・
コンテスト)
英語スピーチ・
コンテスト
全国商業高等学校協会が開催する英語スピーチ・コンテストの神奈川県大会に毎年参加しています。これまで、本校生徒が優勝したこともありますが、H23年度は、本校3年生がレシテーションの部で準優勝をはたしました。
Excellent students
(エクセレント・スチュウデンツ)
成績優秀者 毎年、卒業時に、3学年の生徒の中から、全国商業高等学校協会成績優秀者、全国経理教育協会成績優秀者、産業教育振興中央会成績優秀者が選ばれ、表彰されます。また、全商検定の1級合格が3種目以上の生徒も表彰されます。多くの検定試験に挑戦するなど、学習に励むとともに、積極的な学校生活を送った生徒が表彰されています。
Exchange student
(イクスチェンジ・スチュウデント)
留学生 ほぼ毎年、海外からの留学生が本校で1年間学んでいます。今年度は、台湾から一人の留学生がいます。また、本校からもブラジルに渡り、1年間留学している生徒もいます。
Explanatory meeting
(イクスプラナトリ・ミーティング)
学校説明会・
体験学習
毎年、中学生や保護者を対象にした、学校説明会を実施しています。川商の教育内容、学校生活の様子、施設等の説明を行います。また、体験学習では、商業科目を体験し、商業科目への理解を進めることができます。
Feature
(フューチャー)
特色 本校の特色は以下の通りです。
・地域に根づいた伝統ある高校(昭和28年創立)
・商業・ビジネス・経済を実践的に学べ、各種の資格取得に励んでいます
・開設学科を「ビジネス教養科」とし、2年生、3年生では、進路や興味・
関心などにあわせ、多くの選択科目から自分が学習する科目を選び、学習
できます。
・生活指導が細やかで、落ち着いた学校生活を送っています。
・進路指導を丁寧に進め、生徒の進路実現を目指し、「進路の手引き」の
活用や面談・相談、指導等を行っています。
・学校行事や部活動に熱心に取り組んでいます。主な学校行事は、体育祭、
文化祭(川商祭)、合唱コンクールなどです。運動部、文化部あわせて、
27の部活動があります。
・校舎は築二十数年ですが、冷暖房が完備し、コンピュータを用いて商業・
ビジネスを学習・実践できる施設・設備が充実し、視聴覚ホール等もあり
ます。
Foundation
(ファウンデェイション)
創立 本校の創立は昭和28年です。平成25年度には創立60周年となる伝統校です。川崎市、神奈川県、あるいは首都圏等の産業発展などに資する教育に取り組む学校として、市民の大きな期待のもと誕生し、発展してきました。
Goals
(ゴールズ)
教育目標 1 広く豊かな心と教養、自主的精神と態度、誠実清楚な人間
2 礼儀と秩序、責任感と協調性、社会の変化に対応できる力
3 ビジネスに関する専門的知識・技能・国際的視野、可能性を追求する力
Graduates' association
(グラッジュエイツ・
アソシエィション)
同窓会 本校の卒業生は18,000人を越え、川崎市や神奈川県を中心に広く活躍されています。同窓会は「紫朋会」と呼ばれ、卒業生同士の交流・親睦を深めるほか、毎年、母校川商への後援活動等にも取り組んでいただいています。
Ground
(グラウンド)
校庭(グラウンド) 校庭では、体育の授業が行われるほか、放課後は、ソフトボール部、野球部、サッカー部(男女)、陸上部などが、汗を流し、練習に励んでいます。
Gymnasium
(ジムネィジアム)
体育館 体育館は、バスケットボール・コートが2面、バレーボール・コートが3面確保できる広さです。放課後は、部活動でバドミントン部なども活用しています。
H
Hermes
(ヘルメス)
ヘルメス(神) 本校の校章は、「大きな翼と杖」を川崎市の市章に組み合わせた形となっています。ギリシャ神話において、商人・商業・情報の神とされるヘルメスが「大きな翼と杖」を身につけていたことから、本校の校章となっています。
I
Industrial education fair
(インダストリアル・エディケィ
ション・フェアー)
産業教育フェア 毎年、11月中旬に、県内の商業科や工業科、農業科、水産科、生活科学科などの生徒が各学校での学びの成果を発表する場として、産業教育フェアが開催されます。会場は、これまで、毎年、横浜市内です。本校の生徒たちも参加し、ビジネス教養科での学習成果を発表しています。
J
Japanese archery hall
(ジャパニーズ・アーチェリー・
ホール)
弓道場 弓道場は本校校舎から少し離れた場所に位置しますが、昭和59年に建てられ、現在も、弓道部が心技体を磨く修練の場として、毎日、活用しています。
Japanese Garden
(ジャパニーズ・ガーデン)
日本庭園 国際人になるには、まず、自国文化への目覚めや自覚が大切だといわれますが、本校には、立派な日本庭園があります。1階の作法室や図書館から眺めることができます。
Job placement
(ジョブ・プレイスメント)
就職 近年では、卒業生の約半数が就職を希望し、就職しています。国内では厳しい雇用状況が続いていますが、本校の就職内定率は非常に高く、昨年度も就職内定率100%を達成しました。
K
Kawasho festival
(カワショウ・フェスティバル)
川商祭 毎年、秋に川商祭が開催されます。文化部が展示や演奏などを行うほか、全クラスが展示や調理などに取り組みます。保護者、中学生、卒業生、地域住民等に公開され、多くの方々が訪れてこられます。
L
Library
(ライブラリー)
図書室 図書室は1階にあり、蔵書は現在23,000冊を越えます。学習机は59名程度でそのほかソファーなどもあります。授業で活用するほか、昼休みや放課後にも開放され、生徒が利用しています。天井が高く、光もよく入り、明るく広々とした図書室です。
M
Manner
(マナー)
マナー
(礼儀作法)
商業・ビジネスの教育では、マナーの教育も大切です。日頃から、身だしなみや時間を守ることなどについての指導や、就職での面接練習などを丁寧に進めています。
Martial arts training hall
(マーシャル・アーツ・
トレーニング・ホール)
格技室 格技室では、空手や剣道などの格技に取り組むことができます。空手部や剣道部などが練習場として活用しています。
N
Newborn business study
course
(ニューボーン・ビジネス・
スタディ・コース)
新しく生まれた
「ビジネス教養科」
本校では、平成22年度から新しく、「ビジネス教養科」を開設しました。それまでの、「商業科」「情報処理科」「国際ビジネス科」の3つの学科を改編し、入学後に、生徒の興味関心や進路希望などにもとづいた、より適切なビジネス教育を展開するため、「ビジネス教養科」を開設しました。
O
Open school 
(オープン・スクール)
授業公開 保護者対象の授業参観日を設けています。H24年度は、11月に行われます。
P
Project study
(プロジェクト・スタディ)
課題研究 3年生では、課題研究が必修科目となっています。商業・ビジネスに関する課題を自らが設定し、より発展的な学習を行ったり、研究活動を行うなどして、商業・ビジネスに関する学びを深めていきます。
PTA
(ピー・ティー・エー)
PTA PTAの皆様から学校へのご理解・ご支援をいただいています。会長、副会長、会計、書記の役員の皆様のほか、1年、2年、3年の学年委員会や交通安全推進委員会、社会見学委員会、PR委員会、成人教育委員会、国際交流委員会が中心となり、PTA活動を推進しています。
Q
Qualification
(クオリフィケーション)
資格 商業・ビジネスを学ぶ成果の一つは、検定試験に合格し、資格を取得することです。本校では、簿記関係の検定、珠算・電卓検定、情報処理検定、ワープロ実務検定、ITパスポート検定等の商業・ビジネス関係の検定のほか、漢字検定や英語検定にも挑戦できます。
R
Rate of boys and girls
(レイト・オブ・ボーイズ・
アンド・ガールズ)
男女の比率 H24年度では、全校生徒の約4分の1が男子生徒で、約4分の3が女子生徒です。
Residence
(レジデンス)
居住地 生徒の居住地は全県に渡ります。H24年度では、川崎市内に住んでいる生徒は77%で、横浜市等に住んでいる生徒が23%となっています。
Refinement of the mind
(リファインメント・オブ・
ザ・マインド)
心を磨く 本校の教育目標には、「広く豊かな心と教養、自主的精神と態度、誠実清楚な人間」、「礼儀と秩序、責任感と協調性、社会の変化に対応できる力」とあります。「すべては心から」という言葉もあるように、本校では、学業、学校行事、部活動などにおいて、「心を磨く」ことを大切にしています。
S
School trip
(スクール・トリップ)
修学旅行 3年生の4月に沖縄に出かけます。平和学習、自然体験、琉球文化とのふれあいなど盛りだくさんの内容です。高校生活で最も想い出深い行事の一つとなっています。
School song
(スクール・ソング)
校歌 校歌は昭和32年に誕生しました。詞・曲ともに、応募によるもので、作詞は本校教諭により、作曲は武蔵野音楽大学の学生によるものです。
「国の礎(いしずえ)実業の 重き使命に目覚めつつ 体を鍛え知を磨き 明日の雄飛をこころざす 道は明るく武蔵野に 萌ゆる緑は 匂うなり」 
Sports club
(スポーツ・クラブ)
体育系部活動 本校には、以下の13の体育系の部活動があり、仲間と共に、心技体を磨いています。野球、バスケットボール、陸上競技、卓球、弓道、ソフトテニス、ダンス、バレーボール(女)、剣道、バドミントン、ソフトボール(女)、空手道、サッカー(男女)
Sports meeting
(スポーツ・ミーティング)
体育祭 毎年、6月に川商の体育祭が実施されます。全校が、緑、黄、赤、青、紫、橙の6つのブロックに分かれ、学年種目やブロック種目などを競います。リレーや綱引き、騎馬戦などで大いに盛り上がります。H24年度のテーマは「川商時代だKARA」でした。
Student council
(スチューデント・カウンシル)
生徒会 会長、副会長、会計、書記からなる役員のほか、各クラスからのホームルーム委員などが中心となり、自主的に主体的に取り組んでいきます。生徒の声を取り入れながら、学校行事等を盛り上げ、思い出の数々を演出していきます。
Study
(スタディ)
学習 本校での学習は、商業・ビジネス・情報処理関係の「専門科目」と国語・地歴・公民・数学・理科・保健体育・芸術・英語・家庭の「普通教育科目」とに分けることができます。
専門科目の知識と技術を磨くとともに、広く、深い教養を身につけることを目指しています。
T
Timetable
(タイムテーブル)
時程 朝は8時30分までに登校します。1校時は8時50分から始まります。毎日、6時間授業です。1コマは50分授業です。帰りのホームルームは15時30分に終了します。その後、放課後となり、部活動などが始ります。
Tennis court
(テニス・コート)
テニスコート 本校のテニスコートは、本校敷地から徒歩3分程度の場所にあり、体育の授業で使用するほか、ソフトテニス部でも使用しています。コートは人工芝で、3面あります。
U
Uniform
(ユニフォーム)
制服 平成22年度から新しいデザインの制服となりました。男女とも、夏服と冬服があります。冬服の場合、男女ともに紺のブレザーで、男子はネクタイ、女子はリボンを着けます。男子のズボンはグレー系で、女子のスカートはチェック柄となっています。
University
(ユニバーシティ)
大学 本校では、大学進学者が少しずつ増えています。H23年度卒業生では、四年制が15%、短大が5%でした。経済学部や商学部などが中心ですが、情報系や語学系などの進学者もいます。ほとんどが推薦で受験しています。
V
Victory
(ビクトリー)
勝利 本校の学校行事では、クラス対抗の行事も多く、体育祭、合唱コンクールなどで、クラスが一致団結して取り組みます。また、体育祭では、ブロックによる勝利も目指します。そして、私たちの願いは、川商の生徒たち皆が、お互いを尊敬しあい、励ましあい、支えあうことです。
Vocational School
(ボケーショナル・スクール)
専門学校 専門学校への進学者も多く、H23年度卒業生では、28%の生徒が専門学校へ進学しました。ビジネス、語学、情報のほか、医療、福祉、調理、芸術などの分野へ進学しています。
W
Welcome ceremony
(ウエルカム セレモニー)
対面式 4月には、生徒会行事として、対面式が開催されます。1年生が2・3年生に迎え入れられる形式のセレモニーです。
X
eXamination
(イグザミネーション)
試験・検査 本校では、商業・ビジネスに関連する資格取得のための試験や検査が数多く実施されています。積極的に挑戦し、スペシャリストとしての知識や技能に磨きをかけていきましょう。
Y
Young power
(ヤング・パワー)
若い力 本校では、生徒たちが授業に集中して取り組んでいます。放課後は、多くの生徒がグラウンドや体育館、校舎内等で部活動や学習などに取り組んでいます。「鉄は熱いうちに打て」といわれます。若い力を発揮しながら、生徒一人ひとりが成長することを願っています。
Z
Zone
(ゾーン)
学区 本校のビジネス教養科の通学区域は川崎市内にとどまらず全県です。